初詣とスポーツ職業

初詣とスポーツ職業5

職業と仕事

初詣とスポーツ職業5

初詣とキャディ

キャディとは?
キャディは、プレーヤーと共にゴルフコースをまわり、円滑なプレーを進行させるのが仕事。ゴルフクラブの選定やプレーヤーの要求に応じた専門的なアドバイスも必要とされる。
キャディになるには?
経験不問。夏期は学生アルバイトが多いが、ほとんどがゴルフ場専属の常用雇用者。ゴルフ場近隣に住む主婦など、地域に住む人の就業が多い。
キャディの業態など
ゴルフ場でゴルファーにつくハウスキャディと、プロゴルファーと一緒にトーナメントに参加するプロキャディの2種類がある。

初詣とスポーツクラブ・インストラクター

スポーツクラブ・インストラクターとは?
民間のスポーツ施設で、会員に対して職業としてスポーツや運動の指導をする人のことをスポーツクラブ指導員、またはスポーツインストラクターという。
一般にいう「スポーツクラブ」を活動内容から見ると大きく2つに分けられる。一つは、水泳やテニス、ゴルフのようにスポーツの技術の上達やスポーツそのものを楽しむことを目的とした種目別のスポーツクラブ、もう一つは健康増進や体力の向上やストレスの解消などを目的としてスポーツや運動を楽しむフィットネスクラブ(アスレティッククラブやヘルスクラブを含む)である。
種目別のスポーツクラブの場合、主に初心者からベテランまでのレベルに応じたスポーツの技術指導が中心的な業務となる。フィットネスクラブの場合、それぞれの会員に合ったトレーニングプログラムの作成と指導となる。

初詣とスポーツトレーナー

スポーツトレーナーとは?
野球やサッカー、テニスなど、競技別スポーツの技術向上を目的とした指導を行う人をスポーツ指導者(スポーツトレーナー)という。主にプロスポーツ、またはそれに準ずるレベルのスポーツ選手の指導、育成を行う。スポーツを専門に行う人を相手に指導するということもあり、競技の技術的な指導だけでなく、スポーツ選手の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷や傷害の応急処置や体力トレーニングについての深い知識も必要とされる。
一般に知られるのは、監督やコーチの類であるが、有力なチームの場合は分野別に複数のコーチングスタッフを揃えていることも多い。最近では、技術コーチやトレーニングコーチなどに加えて、メンタル面を診るフィジカルコーチなどが注目されている。
コーチの資格については、財団法人 日本体育協会の「競技力向上指導者(コーチ)」(A級?C級)がある。受験するためには、C級の場合、満22歳以上で、それ相応の指導実績と競技歴が必要とされる。また、都道府県競技団体と中央競技団体の推薦を受けなければならない。受験する条件は厳しいが、取得すれば実力が認められ、信頼につながることになる。競技は、陸上、水泳、サッカー、スキー、テニス、ボード、バレーボール、体操、バスケットボールなど、全33種類がある。なお、資格は4年ごとに更新が必要となっている。


初詣とスポーツ職業TOPに戻る